YSGP factor
君・・・ライコネン?


坂の上の雲




カーマニア



powered by blog watches


プロフィール


Nakajiki

Author:Nakajiki
趣味 野球観戦 F1TV観戦 ゲーム

水泳部所属

好きなクルマ 日産:GT-R



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




カテゴリ


未分類 (93)
野球 (30)
学校 (30)
F1 (74)
モータースポーツ (21)
車 (8)
Marines (9)
水泳 (16)
軍事関連 (6)
あの国風刺 (21)
漫画 (2)
一言 (8)
著者の無駄な郷土愛 (2)


My twitter




FC2カウンター




検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


月別アーカイブ




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2012.01.17  ブルーノ・セナの数奇な運命 <<22:34


いやー、最近Twitterで暇つぶししていまして、


こっちがおろそかになりました。すいません。



さて、ウィリアムズのドライバーがついに決まりましたね。



ブルーノ・セナとパストール・マルドナドですね



決め手はほぼ間違いなく持参金だと思われますが、




名門、常勝チームで、私がF1を見るきっかけだったウィリアムズが




まさかこんなに落ちぶれてしまうなんて・・・とショックも隠せません。




特に、マルドナード(以下マルド師匠)は持参金を持ち込んでいる割には



『その2割くらいは自分がマシンを壊して、



その修理代に充てられているのではないか』と思うほど壊し屋のイメージで



わたしは不安です。予選はそこそこ速いですが・・・



一方のセナは叔父さんが初めてF1のテストをさせてくれたチームで、




やっとの思いで契約してから5月に事故死したまでの短いながらの業績と、




これからブルーノが作り上げる業績は比較されることが多くなると思います。




壁が偉大すぎですが、これをはねのけることで彼は初めて評価されることでしょう。




個人的にはどう考えてもこのブルーノの起用は運命を感じます。




前も述べたように、ウィリアムズは私がF1を見るきっかけを作ってくれたチームで、



今でもここのファンです。今シーズンのこのチームのカギは


1.マイク・コフラン制作のマシンの出来


2.ルノーエンジンのパワー


3.ドライバーの良いパフォーマンスによるスポンサー獲得
  (用は師匠、今年はマシンを壊すな)


の3つが楽しみな案件です。


とはいえ、ウィリアムズはいまだに不安要素があり、


At&Tがスポンサーから離脱といった、さらなる資金難が降りかかってきます。



今まで常勝チームが落ちぶれて、二度と日の目を見ないまま撤退したチームが多い中



このチームがどう復活させるのか、経営陣の手腕が試されると思います。

No.411 / F1 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.03.28  ザウバー失格の矛先 <<19:55


ニュース記事見る限り、こんな感じだ



あびる優が小林可夢偉の応援にオーストラリアGPに駆けつけたものの、



皮肉にもザウバーの2台は失格となってしまった。



Can you confirm you understood that message ? 出典:2010ドイツGPより



つまりは・・・サゲマンだとw



そういう面で道端ジェシカはすごいと思う。



2008年ホンダ撤退の中、シート喪失に追い込まれていたバトンとの交際が報じられ、



2009年シーズンで旧ホンダとして何とか参戦にこじつけたブラウンGPに乗ったら



不思議なことに連戦連勝。この幸運は翌2010年に別れるまで続きました。(現在は復縁)


何はともあれシーズン・・・開幕!

No.400 / F1 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.02.09  俺のニックがF1に乗れないわけがない <<23:40


クビサが骨折。



チームにはロシアより愛が込められたお金が便りのドライバー



さぁ、誰が代わりのシートに付くのだろうか


僕なりに考察してみた


1ニック・ハイドフェルド


メリット 地道にポイントを稼いでくれる

     ベテランなので開発能力はそこそこ


デメリット 速さがクビサよりも劣る



2キミ・ライコネン


メリット メチャクチャ速い。優勝も十分狙える


デメリット 本人がやる気がない。F1に対する意欲がなくなった
    
      サラリーが高い


3ペドロ・デ・ラ・ロサ


メリット 今年からBSの代わりにピレリタイヤとなるが、

     それの開発ドライバーだった。経験が豊富なので開発能力も高い


デメリット 40歳と高齢ゆえ、速さがない



4ロメイン・グロージャン


メリット デ・ラ・ロサと同じくピレリ開発ドライバー

    ルノーリザーブドライバーゆえに、世間体が保たれる

    また、フランス人だからこそのナショナリズム

デメリット 若いのでまだまだ未知数。ネームバリューが他よりも劣る


5 ブルーノ・セナ


メリット ネームバリューが最強w

    ルノーのリザーブドライバーなので、これまた世間体が保たれる


デメリット HRTに乗っていたときの遅いというイメージがまとわりつく

      若さゆえの潜在能力




もちろん俺はセナ押しです

No.393 / F1 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.01.03  結局、俺はどこのファンなのか <<23:27


F1グッズをみてみると、フェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズのTシャツ、



ブラウンGPのキャップなどなど、統一性がありません。



ミニカー(私物)では、フェラーリ、マクラーレンホンダ、ホンダ、BMWザウバー、ルノー、トヨタと、




もはやカオスですw



だから、時々、親にこういわれます。「おまえはどこのチームの、誰のファンなんだ」と。



ウィリアムズは好きですが、厳密に言えば、どこのファンでもありません。



ただその年のF1で速いチームは応援しない傾向があります。



なぜなら純粋にレースを愉しみたいから。



もし、俺がアロンソのファンだとしましょう。



アロンソが引退したら、それはそれは辛くなってしまい、暫く見なくなります



一度僕がモータースポーツについて消極的になった理由も似たようなものです。



理由はただひとつ。富士スピードウェイがコース改修により閉鎖され、



サーキットに行かなくなったからです。その後、GT4で遊ぶまで



GT選手権(現SUPERGT)にどんな車がいたのかもしらず、



片山右京、土屋圭市、鈴木亜久里などといった超有名ドライバーの引退も知りませんでした



F1は、シューマッハがどうせ強いんだろうなーという雰囲気しかありませんでした。



つまり、長くみるとしたら、何か特定のファンがいないほうが長く見ることが出来ると思います

No.386 / F1 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2010.10.24  テスト終わった。 <<15:17


鈴鹿のまとめしてみたいんだけど、試験前で出来なかった。



あびる優が小林可夢偉と付き合ってるって。



小林にはフランス人の彼女がいるって本人が言っていたはずなのに・・・



(ソースbyちょうど1年位前のインタビュー)



別れたんすかね?真っ先に思い浮かんだのは彼女の売名行為じゃないかと



ジェシカより酷いイメージしかないね。



今週末は何かと話題の韓国GP。



なんと縁石より高い位置にあるアスファルト、案山子を立たせてるなど、



FIAが何が何でもやりたかった感があります。



そして今日は雨。



今まで路面に乗っていたタイヤのラバーは雨で洗い流され、



舗装したてのときに出る油と混じってるらしい




まさにカオスな状況・・・



だいじょうぶかな・・・

No.374 / F1 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。